徒然草の「つ」

よウこそ。ゆルい雑記ブログは強くなレる?

建築学科は忙しい?評判や就職なども改めて検討

f:id:kokkouritsu:20170428223107j:plain

 

建築学科ってどうなの?

僕は建築学科に通っている学生で4年生です。

これから建築学科に行きたいと考えている受験生やその他の方の参考になればと思い、書かせていただきます。せっかく通っているので色々ぶっちゃけてみます。

 

建築学科の授業内容

やっぱりまず気になるのはどういうことを勉強するのか 、ですよね。

基本的には建築は「意匠」「構造」「設備(環境)」の3つの分野に分かれます。

「意匠」…デザインのこと。建築の中身や外の意匠を計画して設計します。よく雑誌で名前を見たりするいわゆる建築家はこの分野で仕事をされていますね。

「構造」…建築の構造、いわば力学的な特徴を捉えるために構造計算などを行います。一番理系に近いのがこの分野ですね。物理や数学が得意な人は楽しめると思います。

「設備」…空調、照明などの設備がこの分野です。建築環境という学問で熱や光などについて考えることが多いですね。

 

といったように大きく分けてこの3つの分野の授業のそれぞれ並行して学んでいきます。(当然細かく分けると色んな分野があります)

そして4年生になるときにそれぞれの研究室に配属され、なにを専門的に学ぶかを決めるという大学がほとんどです。つまりここに来るまで色々考えることができるので、今とりあえず建築っぽいことしたいなーって人もおすすめですね。

意匠は文系寄りですし、構造は理系寄り。進路を十分迷える分良い学科だとは思います。

 

意匠分野の意外な辛さ

意匠に関しては、ただのデザインだと思ったら大間違いです。例えば壁や階段の形ひとつデザインするのにも「なぜその方向にしたのか?」「なぜその大きさに?」などたくさんの理由を問われます。きつい人にはすっごいきついです。

だからテキトーにここをこんな変な形にしちゃえ!とかはしたらダメなんですね。厳しい。

ただ、逆にあんまり考えずにしたことを「面白い」と褒められることもあり、またその逆もあります。

なので割と評価する人の価値観にも左右されるのでまた難しいですね。

 

就職などなど

就職はどうなの?という話ですが今建築分野はどんどん社員を欲しがったりするところが多いので文系よりは就活に苦労することは恐らくないと思います。もちろん会社にもよりますが。

また、一般企業などにもほとんど建築の部門はあります。そういった場所を探してみるのも良いと思います。

 

こんな感じです。

もちろんすごい辛いことはありますが楽しいときは楽しいし、才能がある人は本当に楽しいです。ぜひ考えてみてくださいね。

 

なにか質問などあれば答えますのでコメントなどどうぞ!